中古マンションとセキュリティ

中古マンション

中古マンションでは、セキュリティにも考慮をしておく必要があります。ここのところ、中古マンションや賃貸マンションなど集合住宅での犯罪が目立つようになってきています。そのため、多くの人が任意のセキュリティ保険に加入したり、防犯対策をするようになっています。新築マンションなどでは、建築時からさまざまな防犯対策を施設として行なっていることを売りにして販売をしているところもあります。
中古マンションの場合、施設として何らかの防犯対策がされているかと同時に、自主的な防犯対策を行うことができるかどうかも確認しておく必要があります。施設としての防犯対策とは、エントランスホールでのオートロックや、防犯カメラをはじめ、エレベーターホールでのオートロック機能などです。中古マンションなどの集合住宅においては、防犯対策は一カ所だけに行えばよいわけでなく、防犯カメラも複数箇所に設置するなど二重三重の備えがあるかどうかが重要です。
中でも、玄関ドア部分の防犯対策はかなりの重要ポイントです。ピッキングを防ぐためにディンプルシリンダー錠などを二箇所につけるダブルロックは当然とし、収納式のサムターンや、録画機能のついたTVモニター付きインターホンを設備しておきたいところです。
最近は、大手警備会社への通報システムを導入している中古マンションもよく見られます。窓や玄関ドアに防犯センサーが設置されており、留守中に強引にあけられると警報が鳴って管理人室や警備会社に通報されるようになっています。