中古マンションでの遮音性

中古マンション

中古マンションや賃貸マンションに入居をしてトラブルになりやすいのが、騒音に関する問題です。もともと、中古マンションや賃貸マンションは隣や階上階下に他人が暮らす集合住宅なので、一戸住宅よりもずっと他人からの騒音を感じる機会は増えてしまいます。そのため、ある程度の騒音は中古マンション・賃貸マンション入居前から了解をしておく必要があります。
しかし、できるだけ騒音トラブルを起こさないようにするために、床や窓、壁に音に配慮した構造をしてあるかどうかのチェックをしておきましょう。部屋の騒音対策は他人からの騒音を受けにくくするだけでなく、自分の足音や生活音が上下左右の人に聞こえにくくしてくれるという役割もあります。
中古マンションにおける騒音対策として、床には二種類の方法が施されます。まず、人の足音や子供の駆ける音を防ぐための「重量床衝撃音」です。これは厚い床スラブを選ぶことでかなり軽減が可能です。だいたい20cm以上の床材を使うことが目安となります。重量床衝撃音を抑える性能を示す単位としては「LT」という等級があります。
次に、スプーンなどの軽い金属などを落とした時にするコツンという軽い音に対しての対策です。これは「軽量床衝撃音」といいます。自分では気が付きにくいものですが、対策のない床での軽量床衝撃音は階下の人にとっては大変気になるものです。床の仕上げ材に遮音性の高い材質を用いることで、遮音することは可能です。